インプラント - インプラントとは

インプラント

インプラントとは

最も機能的に優れた欠損歯の治療法

インプラント(人工歯根)とは、虫歯や歯周病などによって歯を失ってしまった箇所の顎(あご)の骨に、金属製の歯根を埋め込み、その歯根を土台にして人工歯を装着する治療のことです(自由診療)。歯は歯肉の下で、歯根膜という組織を介して骨とがっちりとつながっていますが、インプラントも骨としっかり結合します。1本の歯が無くなった場合から、全部の歯が無くなった場合まで、適用が可能です。

自然歯とインプラントの歯の違い

インプラントは生体との親和性が高いチタン、またはチタン合金という金属で造られています。チタンは長年の基礎的、臨床的研究からインプラントの材料として最も安全であり、また顎の骨と長期にわたり結合することが確認されています。

インプラントと顎の骨がしっかりと結合すれば、その上には丈夫で安定した歯を作ることができます。また、自分の歯と同じようにものが食べられることから、現在インプラントは最も機能的に優れた欠損歯の治療法と言われています。

チタン:とても生体親和性(生体と馴染みやすく、生体がそれを異物として認識しないような性質)が高く、体への悪影響の無い材料です。また、骨と結合する性質も有しています。

他の治療法との比較

ブリッジや入れ歯のように歯にもたせかける金属(クラスプ)、や口の中の粘膜を大きく覆うプラスチック(床)がないため、装着していることを意識せず、自然の歯と同様に、よく噛み、よく味わい、たのしく会話することが出来るようになります。つまり、インプラント治療によりご自分の歯と同じような感覚を取り戻すことができるようになるわけです。

ブリッジでは両隣の健康な自分の歯に余計な負担をかけたり、歯を削らねばなりません。

ブリッジとインプラントの比較図

入れ歯では、留め金等により自分の歯に余計な負担をかけるだけでなく、異物感や見た目にも良くない場合があります。また、洗浄のため、毎晩取り外さなければなりません。

入れ歯とインプラントの比較図
インプラント治療で期待できること

入れ歯の場合、長年使用していると、お口の状態に合わなくなってきますが、その原因は入れ歯の下の顎の骨がやせ細っていくことにあります。インプラントを入れる事により、インプラントを介して適度な力の刺激が周りの骨につたわるため、あごの骨がやせ細っていくことを防ぎます。

また、常に入れ歯を入れていることを意識しなくてすむため、気分的にも若々しく、積極的でいられます。積極的な意識をもつことは、脳の働きや体を若々しく保つためにも重要であると考えられます。

口は第一の消化器であります。よく噛めることは唾液の分泌を促進し、胃腸の消化を助け、内蔵の負担を減らします。

これらのことにより、生活の質(QOL)を向上させ、より豊かな人生を送れるようになれることが期待できます。

インプラントの特長
  • 見た目が良い
  • 入れ歯のような「取り外し」の必要が無い
  • ブリッジのように、両隣の健康な歯を削る必要が無い
  • ものをよく噛み砕け、全身の健康にも、周囲の歯にも良い影響を与える
  • 噛んだ時、自身の歯と同じように歯ぐきに刺激が伝わるので、顎の骨が痩せにくい
  • 顎の骨にしっかりと固定されるので、違和感が少なく、おいしく食べることができる
  • 発音や発声への影響が極めて少ない

―このようにインプラントは、ブリッジや入れ歯よりもメリットが多く、他の歯を削ることもなく、しかも自分の歯と同じようにものが食べられます。

インプラントが適さない人

ただし、下記のようにインプラント治療に適さない人もおられますので、ご希望の方は、一度ご相談ください。

  • 顎の骨が十分に無い人
  • 重度の歯周病に罹っている人
  • 糖尿病などの全身性疾患を持つ人 など
インプラント治療の流れ
検査

専用の検査器具やX線撮影、CTなどにより、歯や顎(あご)の骨の状態を調べます。

治療計画のご説明・案内

歯や顎の骨など、お口がどんな状態にあるのかをご説明したうえで、治療計画の流れについてご案内いたします。

埋め込み手術

インプラントを、顎の骨に埋め込みます。

被せ物を装着

インプラントの上に、人工歯を装着します。

メンテナンス

インプラントを長持ちさせるために、定期検診や歯のクリーニングをお受けください。

>>次のページ(歯科用CTでの診断)へ

大田歯科医院 概要

高崎市石原町の歯医者

大田歯科医院

所在地〒370-0864
群馬県高崎市石原町3942-4
アクセスバス》農大二高停留所・徒歩2分
車 》JR高崎駅から10分
(駐車場5台分あり)
診療時間
9:00 〜 13:00
14:30 〜 19:00

14:30~18:00
休診日:木曜、日曜、祝日
(平日に祝日が重なる週は木曜日診療)
※必ず事前に電話予約をしてください。