歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科口腔外科について

歯科口腔外科とは、お口の中、顎(あご)、顔面などに現れる先天性および後天性の病気を診断、治療する診療科です。当院の口腔外科では、親知らずや埋伏歯の抜歯、事故によるけがなど、お口のトラブルを解決します。また、総合病院の歯科口腔外科とも連携しております。

例えば、以下のような場合はご相談ください。
▼ 歯の奥が痛い、歯ぐきが腫れた

親知らずや永久歯などが顎の骨に埋まったままうまく生えてこないと(埋伏歯:まいふくし)、それが原因となって歯ぐきに炎症が起こったりします。

また、虫歯や歯周病が原因で歯ぐきに膿が溜まり、腫れてくることがあります。

歯の奥が痛い、歯ぐきが腫れた
▼ お口の中のできもの、水ぶくれ

お口や舌などには、腫瘍や水ぶくれのようなできもの(嚢胞:のうほう)が生じることがあります。

親知らずの抜歯

普通に生えていて、普通に噛めている親知らずなら、無理に抜く必要はありません。ただし、親知らずは適切な位置に生えてくることがあまりなく、横に生えたり、生え切らなかったりするケースがほとんどです。そのため腫れをきたしたり、メンテナンスがしにくかったりすることから、隣接する歯までが虫歯になることも少なくなく、何かとトラブルの原因になりがちです。そのような親知らずは、抜いてしまったほうが得策と考えます。
親知らずが気になったら、まずはお気軽にご相談ください。

埋伏歯の抜歯

埋伏歯(まいふくし)とは、骨または粘膜の中に埋もれて、出てこない歯のことです。

埋伏歯は、その埋もれている状態によって「完全埋伏歯」(骨の中に完全に埋まっている)、「不完全埋伏歯」(歯の一部分が見えている)、「水平埋伏歯」(親知らずが真横を向いて埋まっている)の三種類に分けられます。

こうした埋伏歯の原因の多くは、歯が生え出すスペースが足りないことです。

埋伏歯があると、歯が押されて歯並びが悪くなったり、永久歯が生えてこられなかったり、嚢胞(のうほう)の原因になったりします。また、親知らずが不完全埋伏歯の場合には、親知らず周囲の歯ぐきが炎症を起こすケース(智歯周囲炎)がよく見られます。

埋伏歯がある場合には、問題が無ければそのままにすることもありますが、歯を覆っている骨を削って埋伏歯が生えてくるように誘導したり(開窓療法)、埋伏歯を引っ張り出したりするケースもあります。

親知らずが埋伏している場合には、抜歯となることが多く、その際には骨を削る処置が必要になるケースもあります。

お口のけが

何かに口をぶつけてけがしてしまったような時は、早めにご来院ください。唇や粘膜が切れた場合は、そこから病原微生物に感染する恐れがありますので、早めの処置が必要です。また、ぶつけて歯が抜けてしまったような場合や、グラついていた歯が抜けてしまったような場合もすぐにご来院いただければ、早急の処置により歯を残せる可能性があります。抜けてしまった歯は、軽く水洗いして(決して根元を強くこすらないようにしてください)、ご来院までの間、何らかの容器に牛乳を注ぎ、抜けた歯をその中に入れてご持参ください。

大田歯科医院 概要

高崎市石原町の歯医者

大田歯科医院

所在地〒370-0864
群馬県高崎市石原町3942-4
アクセスバス》農大二高停留所・徒歩2分
車 》JR高崎駅から10分
(駐車場5台分あり)
診療時間
9:00 〜 13:00
14:30 〜 19:00

14:30~18:00
休診日:木曜、日曜、祝日
(平日に祝日が重なる週は木曜日診療)
※必ず事前に電話予約をしてください。